明日発足の「デジタル庁」。重要プロジェクト「ガバメントクラウド」の意義と懸念 (ニュースイッチ)

この記事は約1分で読めます。

明日発足の「デジタル庁」。重要プロジェクト「ガバメントクラウド」の意義と懸念 (ニュースイッチ)

維持管理の“重荷”解消 9月1日にデジタル庁が発足する。同庁が重要プロジェクトと位置付けるのが「ガバメントクラウド」だ。ネットワーク経由で記憶装置やソフトウエアを提供するクラウドを活用して地方自治体の基幹業務システムを標準化し、行政サービス向上とコスト削減を狙う。クラウドへの移行期限が短いといった課題を乗り越え、維持管理に偏っているシステム関連費用の質を変えられるかが試される。(編集委員・斎…

プロフィール画像

25年までに17業務を全ての自治体が標準仕様に移行するようだが、あと3年か厳しいでしょ。無理に間に合わせようとして使えないシステムにならないようにしてほしいものだ。