「香りのビジネス」はビッグデータの活用で“変貌のとき”を迎えている (クーリエ・ジャポン)

この記事は約1分で読めます。

「香りのビジネス」はビッグデータの活用で“変貌のとき”を迎えている (クーリエ・ジャポン)

「香りの世界」においてもビッグデータ化が進んでいる。個人が好む香りをAIが診断してくれるようになれば、利便性は高まるように思える。しかし、そこにはAIが人々の嗜好を決定づけるという可能性も潜む。英紙「フィナンシャル・タイムズ」の記者がスイスの大手香料メーカー2社を訪れてわかった香りのビジネスの“大きな変化”とは。コロナ禍で人々の「好きな香り」は変わったパンデミック以前、アメリカでは甘い香りが人気を

プロフィール画像

消費者データのビッグデータと香りを紐付けることで、人々の嗜好をAIが判断してくれるようになる。

ベルリンの類似した属性の人々の流行を先取っている傾向があること。面白いですね、流行のサイクルが早まりそう。