「KINCHO」の新聞広告、担当者は「必要とされない広告を話題にしてもらうために」 (デイリー新潮)

この記事は約1分で読めます。

「KINCHO」の新聞広告、担当者は「必要とされない広告を話題にしてもらうために」 (デイリー新潮)

金鳥の夏、日本の夏――。梅雨の晴れ間から灼(や)けつく陽射しが降り注げば、こんなキャッチコピーが頭に浮かぶ向きも少なくあるまい。…

プロフィール画像

ネット広告への痛烈な皮肉をして、広告最下段に記載されたURLにアクセスすると壁紙がプレゼントされる。やっぱり広告はユーモアがないと