【WordPress】無料テーマCocoonを使ったブログの始め方。記事を書く前に済ませておきたい設定

この記事は約5分で読めます。

WordPressを始めようとしている人は何から手を付けたら良いかわからないですよね?

無料テーマCocoonを利用すると設定できることが豊富で便利です。

初めてWordpressを始める方や久しぶりに新しいサイトを構築する人に向けて書いてます。

スポンサーリンク

レンタルサーバーを契約しよう

レンタルサーバー

まずはレンタルサーバーを借りましょう。カラフルボックスやエックスサーバーが人気です。もう既に借りている方は引き続き使うか、無料お試しプランなど使って比較しつつ乗り換えを検討しても良いかもしれません。

スポンサーリンク

ドメインを取得しよう

ドメイン

レンタルサーバーを契約すると契約中は永久無料などもあるので、ドメイン取得より先にレンタルサーバーを契約すると良いです。

お名前.comやムームードメインなどでドメインを取得しましょう。安い値段で取得できるものもありますが、毎年費用が発生するので、2年目以降の値段もチェックした方が良いです。頻繁に値段が変動するので、それぞれでチェックしてみてください。

スポンサーリンク

WordPressをインストールしCocoonテーマを有効化しよう

親テーマと子テーマがあるので説明を読んで適用しましょう。子テーマがあるとphpやデザインいじる時に便利です。

以下からCocoonテーマをダウンロードできます。

テーマのダウンロード
Wordpressテーマ「Cocoon」の親テーマと子テーマのダウンロードページです。
スポンサーリンク

パーマリンクを設定しよう

投稿名が出るものに設定すると後でパーマリンクを編集できるようになります。

投稿名含めずにパーマリンクを編集できなかった時の記事です。投稿名含まれているものに設定していれば見なくても良いです。

スポンサーリンク

タイムゾーンの設定

タイムゾーンを設定しなければ、予約投稿が思ったような時間に投稿されません。(9時間ずれます)

まだ設定していなければ以下の記事を読んでみてください。

スポンサーリンク

アクセス解析を設定しよう

アクセス解析

無料でアクセス解析できるGoogleアナリティクス、GoogleSearchConsoleを設定しましょう。
以下から設定できます。

[Cocoon 設定] > [アクセス解析・認証]

Googleアナリティクス

ここが詳しいです。

Google Analyticsでアクセス解析する方法
Google AnalyticsのトラッキングIDをテーマに登録する方法です。

Google Search Console

ここが詳しいです。

Google Search Consoleに登録する方法
Google Search Console用のサイト認証タグを表示させてサイト登録を行う方法です。

Googleタグマネージャー

Googleアナリティクスをタグで管理できます。余裕があれば設定しておくと管理が楽になります。

スポンサーリンク

お問い合わせフォームの設置しよう

私は「Googleフォーム」を使用しています。

固定ページ張り付けるだけでお問い合わせフォームページを作成できます。

プラグインの「ContactForm7」を使うこともオススメです。

スポンサーリンク

プライバシーポリシーページを作成しよう

アフィリエイトやアクセス解析を設置する場合は、プライバシーポリシーページを作成するようにしましょう。

「プライバシーポリシー コピペ」や「プライバシーポリシー 書き方」などで検索すると詳しく解説しているページがありますので、参考にしましょう。

スポンサーリンク

サイトマップを作成しよう

Cocoonではショートコードを張るだけでプラグインを使わずにHTMLのサイトマップを作成できます。

[sitemap]

オプションを付けるとこのようになります。ちなみにデフォルト値ですので、1か0を変えることによりカスタマイズできます。

[sitemap page=1 single=1 category=1 archive=0]

私のサイトではこのようになります。

XMLのサイトマップはプラグイン「XML Sitemaps(旧 XML Sitemaps)」を使うと簡単にXML形式のサイトマップを出力できます。
Google Search Consoleにも登録しましょう。

スポンサーリンク

OGPを設定しよう

ソーシャルメディア

以下から設定します。

[Cocoon 設定] > [OGP]

Facebook・Twitterカード・アイキャッチ画像を設定できます。
SNSを使う場合、他の人にSNSでシェアしてもらう時に有効なので設定しましょう。

スポンサーリンク

Googleアドセンスの申し込みしよう

広告収入を得たい場合は申し込みましょう。

認証コードは以下に設定すると良いです。

[Cocoon 設定] > [アクセス解析・認証]

広告タグは以下に設定すると良いです。

[Cocoon 設定]>[広告]

スポンサーリンク

ASPに登録してみよう

初心者向けにASPを3つ厳選して紹介しています。

広告収入を得たい場合は登録してみてください。

スポンサーリンク

おわりに

WordPress(Cocoonテーマ)で記事を書く前に済ませておきたい設定は以上になります。

人によっては不要な項目があれば、他に様々な設定をしたいという人もいると思いますが、8割ぐらいの人はこの記事の設定をすることで最低限の設定が完了していると思います。

デザインや機能も大事ではありますが、コンテンツを作っていく方がさらに重要と思います。そのためにもユーザの分かりやすい記事を作っていくことを心がけていきましょう。